スムージーとプロテインのどちらがおすすめ?一緒に飲んでもOK?

この記事の所要時間: 735

一昔前は存在しなかったスムージーですが、
現在は当たり前のように飲まれるようになっていますね。

同じくプロテインも、少し前までは『筋肉増強剤』みたいな
感じで、薬のような扱いを受けていましたが、最近は
そんな誤解も溶けて、沢山の人に飲まれるようになっています。


ただ、このスムージーやプロテイン・・・
誰もがダイエットをしたり、理想の体型を目指したり
するのに、必ず飲んでいかないといけないのでしょうか?


また、もし飲んでいくとしたら、スムージーと
プロテインのどちらがおすすめなのでしょうか?

今回は、こんなところを詳しく言及していこうと思います。

スムージーやプロテインは必要?

yasai

まず、結論から言うと、

『スムージーに入っている栄養素も、プロテインに入っている
タンパク質も、食事から摂取できるのであれば、どちらも必要無い』

という事になります。


つまり、普段からしっかりと1日に必要な量を

  • 野菜全般、果物、キノコ類、海藻類、ナッツ類
  • 肉類、魚類、乳製品、豆類

などの食事から摂取できていれば、スムージーも
プロテインも摂取する必要は無い、という事。


しかし・・・

現状は、完璧に食事を摂っている人なんてそんなにいないですよね。


実際、私もなるべく食事から必要な栄養素を摂るように
していますが、やはり足りない部分が出てくるので、
そこは、サプリメントに頼ってしまうのが現状です。

なので、足りない栄養素があるのなら、その栄養素を補う形で、

『スムージーやプロテインから摂っていきましょう』

という事になります。


スムージーとプロテインのどちらがおすすめ?

meinn

これは、先程の話の続きから言わせてもらうと、

『自分が足りないと思っている栄養素を把握して、スムージーを飲むのか?
プロテインを飲むのか?両方飲んだほうが良いのか?を選択すれば良い』

という事になります。


つまり、どちらがおすすめ・・・という話ではなく、
自分に足りない栄養素を把握して、スムージー、
もしくはプロテインから摂っていくのが良いでしょう。


もし、両方共足りない場合は、スムージーもプロテインも両方飲んでいっても
良いと思いますが、出来ればどちらかを食事から摂りたいところです。

やっぱり食事から摂る栄養の方が良いに決まっていますから。



で、私の個人的な意見としては、スムージーに入って
いるようなビタミン・ミネラルなどは、野菜や果物などの
食べ物からなるべく摂るように努力してもらって、
タンパク質はプロテインで摂っていくのがやりやすいと思います。

以外にタンパク質って、食べ物から1日に必要な量を
摂っていくのは大変ですから。(特に女性の方は・・・)


それにタンパク質の食品は、食べるものを
間違えると、余分な脂質も摂ってしまいますからね。


あ、そうそう、中にはプロテイン自体にビタミンやミネラル、美容成分などが
入っているプロテインも販売されているので、もしあなたが女性であれば、
そういうプロテインを試してみる、というのもアリだと思います。


詳しいことは下記の記事を参考にしてみてください。

スーパーフードプロテインパウダーを飲んだ感想をレビューしてみた


スムージーやプロテインの飲み方・飲むタイミング

sumuuzii

もしあなたが、

「なかなか食事からしっかりと栄養が摂れない事が
多いから、スムージーもプロテインも飲んでいこうかな」

と思っている場合は、飲み方や飲むタイミングを考えて、
上手にスムージーやプロテインを活用していきましょう。


そこで1つ、おすすめの飲み方やタイミングを紹介しておきます。


まず、スムージーを飲むなら朝食で飲むのがベストです。

起床して、いざ朝食を食べようとしたけど、
あまり食欲が無い・・・そんな時に飲むのがおすすめです。


ただし、毎朝スムージーだけを飲む、というのはおすすめできません。

体調の良い日は、スムージーだけではなく、食パンや
卵料理(目玉焼きやスクランブルエッグ、ゆで卵など)で
炭水化物やタンパク質もしっかり摂っていきましょう。


また、飲み方としては、朝食であれば豆乳にスムージーを混ぜる事で、
タンパク質も同時に摂れるので、この飲み方もおすすめできます。

豆乳じゃなくても無脂肪乳でも良いですし、プロテインと混ぜて飲むのもアリですよ。


あと、1つ注意として、夕食の代わりにスムージーだけ飲む、
という方法もやらないようにしましょう。


よほど、体調が悪かったり、胃腸が疲労したりしている時は
それで良いですが、ダイエットをしたいから・・・という理由で
空腹を我慢してスムージーを夕食に置き換えるのはNGです。

筋肉が減って、余計に太りやすい体質になってしまいますよ。


さて、今度はプロテインの飲み方とタイミングについて紹介していきましょう。


プロテインの飲み方でおすすめなのは、先程も言いましたが、
豆乳や無脂肪乳、あとは普通に水で割って飲むことです。

ただし、もしあなたが筋トレをしていて、筋トレ前後で
プロテインを飲む場合は、水で割って飲むことをおすすめします。
(豆乳や無脂肪乳で割って飲むと消化吸収に時間がかかるから)


また、飲むタイミングとしては、プロテインの場合は
間食で利用していくのが1番おすすめです。

朝食と昼食の間や、昼食と夕食の間でプロテインを
飲むことで、食事と食事の間隔を短くすることが出来て、
血糖値が下がりすぎるのを防ぐことが出来ます。


血糖値が下がり過ぎると、次の食事で摂った栄養が脂肪になりやすくなって
しまうので、そうならないためにも間食を摂っていくのが良いのです。

そんな時にプロテインは水さえあればすぐ飲めるので便利です。


まとめ

今回は、スムージーとプロテインのどちらがおすすめなのか?
という話をしましたが、結論としては、

『足りない栄養素に合わせて飲んでいけば良い』

という事になります。


もちろん、食品から炭水化物もタンパク質も良質な
脂質もビタミン・ミネラルも摂っていけるのがベストですが、
そんな事を完璧に出来ている人はほとんどいません。


それは、私も例外ではありません。

だから、プロテインも飲んでいますし、ビタミン・ミネラルも
サプリなどから摂取していることもあります。


もしあなたが、現時点で、

  • ダイエットをして引き締まったスリムな体型になりたい
  • 人から憧れるような腹筋の割れたかっこいい体になりたい

このように思っているけど、毎日の食事で思ったようにタンパク質や
ビタミン・ミネラルなどが摂れていない場合は、スムージーや
プロテインを程度に合わせて活用していくと良いでしょう。


下記に成分や味などを考慮したおすすめのプロテインとスムージーを
紹介しておきますので、良かったら参考にしてみてください。


おすすめのプロテイン

ueitodaunn

もしあなたが女性の場合は、ソイプロテインが良いと思いますが、その中でも
ビタミンやミネラル、美容成分も入っているスーパーフードプロテインが
人気になっているので、良かったら下記の記事を参考にしてみてください。

スーパーフードプロテインパウダーを飲んだ感想をレビューしてみた


他のソイプロテインについては下記の記事を参考にしてみてください。

ソイプロテインでおすすめ出来るモノは限られています


もしあなたが男性の場合は、プロテインとしては成分も味も
間違いないゴールドスタンダードホエイプロテインをおすすめします。

詳しいことは、下記の記事を参考にしてみてください。

ゴールドスタンダードプロテインの味について言及してみました


おすすめのスムージー

bezie

スムージーに関しては、やはり女性が飲んでいる割合が
圧倒的に多いので、女性から人気があったり口コミがあったり
する有名なスムージーを試していくのが無難です。

その中でも人気もあり、口コミも多く、
おすすめなのは以下の2つのスムージーです。


かなり有名なナチュラルヘルシースタンダードのスムージーに
関しては、下記の公式サイト(画像をクリック)で確認してみてください。

ミネラル酵素グリーンスムージー


愛飲している芸能人やモデルも多いベジエのグリーンスムージーに
関しては、下記の公式サイト(画像をクリック)で確認してみてください。

ベジエ


この記事が参考になれば幸いです。

おすすめ記事はこちら

海外でおすすめのプロテインはどれなのか?

女性に人気のプロテインをランキング形式紹介します

ソイプロテインを飲む最適なタイミングはいつなのか?

ダイエットする時にプロテイン以外におすすめのサプリメントとは?

減量に特化したおすすめのプロテインを紹介します

プロテインバーでおすすめの商品を5種類紹介します

海外のプロテインやサプリが安価で購入出来るサイトについて書いた記事はこちら

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ホリデーセール(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

・ショッピングカートでプロモコード GET10 を 入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で10%OFF(その他の割引や、プロモーションとの併用可)

・新規購入で40ドル(USD)以上の注文の場合は20%OFF

iherb(アイハーブ)の特別セールや期間限定セールの情報はこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ