筋トレしている人におすすめできるプロテインを飲むタイミング別に紹介します

この記事の所要時間: 742

筋トレしている人におすすめできるプロテインは、
それほどたくさんあるわけではありませんが、飲む
タイミング別に紹介する場合は、少し話が違ってきます。


そこで今回は、筋トレしている人にオススメできる
プロテインと共にそれをどのタイミングで飲んでいけば
良いのか?という事について言及していこうと思います。

起床時、トレーニング前、トレーニング後


kisyouzi

起床時やトレーニング前、トレーニング後は
吸収が早いホエイプロテイン(WPC、またはWPI)
を飲むのが一番いいと思います。

何故なら・・・


起床時


起床時は、最後の食事(夕食)を摂ってから時間が
経っているので体内に栄養をほとんど残していない状態です。

ですので、筋肉の材料であるタンパク質を
なるべく早く体内に吸収させてやりたいところです。


つまり、朝食を摂る際は吸収の早い
ホエイプロテイン(WPC、またはWPI)を
一緒に摂ったほうが良い、という事になります。


ただし、このタイミング(起床時)は必ずしもホエイプロテインを
摂らなくてはいけない、と私自身思っていません。

別に卵や納豆や魚を食べても良いと思っています。


トレーニング前

次にトレーニング前ですが、これは筋トレを始める
1時間以上前にホエイプロテインを摂る事をおすすめします。

その際は、一緒に吸収が早めの糖質(バナナやおにぎり)
と一緒に摂るとトレーニングがしっかり出来ます。
(増量中であれば、最悪プロテインは無くても大丈夫です)


また、トレーニングをする3時間くらい前くらいに
しっかり糖質とタンパク質を含む食事をしているので
あれば、敢えて筋トレ前にホエイプロテインを
摂取する必要は無いのかな、って思います。


しっかりした食事を摂り、体内にエネルギー(糖質やタンパク質)を
溜めておけば、そのエネルギーを筋トレで使う事が出来るので、
ホエイプロテインをわざわざ飲まなくても良いということですね。

つまり、トレーニング前は状況によって
ホエイプロテインを飲めばいい、って事になります。


トレーニング後

このタイミングは、絶対ホエイプロテインを吸収の早い
糖質(デキストリンやおにぎりなど)と一緒に摂りましょう。


トレーニング後は、エネルギー(糖質)も枯渇して
体内に栄養を吸収しやすい状態になっていますから
素早く吸収するホエイプロテインが最適です。

プロテインは筋肉になる材料ですから。


で、そのホエイプロテインですが、2種類あるのは知っていますでしょうか?

先程からホエイプロテインの後に『WPC、またはWPI』と
記載していましたが、ホエイプロテインには種類が2つあります。


ちなみに筋肉をつけるプロテインとして、どちらかをオススメするとしたら
WPIの方ですが、これはその人の体質によって変わってきます。

詳しいWPCとWPIの違いは下記の記事を参考にしてください。

筋肥大におすすめのプロテインはアイソレート(WPI)です


ホエイプロテインアイソレート(WPI)のおすすめはバルクスポーツのアイソプロです。

バルクスポーツ アイソプロの詳細はこちら


簡単にここでWPCとWPIの違いを説明すると、WPCより
WPIの方がホエイプロテインの純度が高い、という事です。


つまり、

『WPIの方がWPCよりタンパク質含有量が高いプロテイン』

だという事。


ただし、ここで勘違いしてほしくないのは、
決してWPCが良くない、と言っているわけではありません。

先ほど紹介した記事にも書いてあると思いますが、牛乳を飲んでも
お腹を壊しにくいような人は、WPCを飲んでいけば良いと思います。


ちなみにWPCのホエイプロテインでおすすめなのは
日本だったらビーレジェンドプロテイン、海外だったら
オプチマムのゴールドスタンダードホエイプロテインです。



詳しいことは下記の記事を参考にしてください。

ビーレジェンドプロテインについてはこちら

ゴールドスタンダードプロテインの味について言及してみました


間食、就寝前


syuusinnmae

さて、間食や就寝前のプロテインはどうすればいいのでしょうか?


答えは、

『吸収の遅いプロテインを活用する』

って事です。


何故吸収の遅いプロテインがいいのか?

ホエイプロテインを飲んだ場合、2時間ほどで
体内に吸収してしまう、と言われています。


もし、ホエイプロテインを摂取してからその後の
食事が4時間後だったとしたら、残りの2時間は
体内に(タンパク質)が無いことになります。

こういう状況は筋肉をつけたり、維持したり
したい人にとってはあまり良くありません。


常に体内にタンパク質がある方が筋肉を
作りやすい、または維持しやすい状態なのです。

ですから、なるべく体内にタンパク質を留めて
おくために吸収の遅いプロテインがおすすめなのです


で、

「じゃあ、吸収の遅いプロテインってどういうのがあるんですか?」

という疑問が湧くと思うので、ここで回答します。


吸収の遅いプロテインは、

『ソイプロテインとカゼインプロテイン』です。

ソイプロテインは、男性女性に関わらず、
ダイエットする時におすすめしているプロテインでもあります。


ソイプロテインの詳しいことに関しては、記事を
いくつか書いているのでそちらを参考にしてください。

ザバスのソイプロテインはダイエットに効果があるのか?

減量に特化したおすすめのプロテインを紹介します


カゼインプロテインに関してはまた別で詳しく記事に
しようと思いますが、今回は簡単に説明しておきます。

カゼインプロテインというのは、ホエイプロテインと
同じく牛乳から作られるのですが、体内に吸収するのに
時間がかかる、という特徴があります。
(牛乳の成分は80%がカゼイン、20%がホエイです)


ホエイプロテインが2時間そこそこで吸収する、
と言われているのに対して、カゼインプロテインは
吸収するのに6~8時間かかると言われています。


同じくソイプロテインも吸収に時間がかかります。

ですので、間食や就寝前におすすめの
プロテインはソイプロテインでもカゼイン
プロテインでもどちらでも良い、という事になります。


私のおすすめはソイプロテインです。

ソイプロテインは植物性タンパク質です。


ほとんどの人は、ホエイプロテインにしろ、食事から摂るタンパク質にしろ、
動物性タンパク質からタンパク質を摂っている場合が多いと思います。
(肉、魚、卵、乳製品など)

私の場合でも普段から植物性タンパク質で
摂るのは納豆くらいじゃないでしょうか。


健康や栄養のバランスの事も考えてタンパク質を摂る事を考えると、
間食や就寝前に飲むプロテインはソイプロテインの方が良いと思い、
私はここではソイプロテインをおすすめしておきます。


ソイプロテインについては下記の記事も参考にしてみてください。

ソイプロテインでおすすめ出来るモノは限られています


あなたが女性の場合、こちらのソイプロテインが
現在人気急上昇中なので、参考にしてみてください。

スーパーフードプロテインパウダーを飲んだ感想をレビューしてみた


もしあなたが、ソイプロテインが苦手という場合は、
カゼインプロテインを飲んでいくのも良いと思います。
(カゼインプロテインは溶けにくいモノが多いです)


下記におすすめのカゼインプロテインの詳細を載せておきます。

バルクスポーツ ビッグカゼインの詳細はこちら


まとめ

筋トレする人にとってはタンパク質が非常に重要な栄養素ですが、
そのタンパク質も吸収スピードの早さが違うので、その特性を
上手に利用していきましょう、という話を今回させてもらいました。


簡単にまとめると、

・朝食や、トレーニング前、トレーニング後は
ホエイプロテインを摂取していきましょう。

・間食や就寝前は、ソイプロテインや
カゼインプロテインを摂取していきましょう。


こうしてプロテインを使い分けられる環境に
ある場合は、そうしていくと良いと思います。


ただ、こうやってプロテインを使い分ける事が
出来ない場合もあるので、そういう時は、どちらかの
プロテインを飲むようにすれば良いだけです。

体内に常にタンパク質がある状態が筋肉を
作りやすい状況を作るので、なるべくその状態に
近づけるような生活を心がけるようにしましょう。


この記事が参考になれば幸いです。

おすすめ記事はこちら

海外でおすすめのプロテインはどれなのか?

女性に人気のプロテインをランキング形式紹介します

ソイプロテインを飲む最適なタイミングはいつなのか?

ダイエットする時にプロテイン以外におすすめのサプリメントとは?

減量に特化したおすすめのプロテインを紹介します

プロテインバーでおすすめの商品を5種類紹介します

海外のプロテインやサプリが安価で購入出来るサイトについて書いた記事はこちら

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ホリデーセール(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

・ショッピングカートでプロモコード GET10 を 入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で10%OFF(その他の割引や、プロモーションとの併用可)

・新規購入で40ドル(USD)以上の注文の場合は20%OFF

iherb(アイハーブ)の特別セールや期間限定セールの情報はこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ