筋肥大におすすめのプロテインはアイソレート(WPI)です

この記事の所要時間: 719

aisopuro


筋肥大やバルクアップにおすすめの
プロテインはありませんか?という
質問が来たので、今回はそれを記事にします。




まず、結論から言うと

『確実に筋肥大やバルクアップに良い、という
プロテインは存在しませんが、人によって筋肥大や
バルクアップに効果的なプロテインは存在します』

それは・・・


ホエイのアイソレート(WPI)プロテインです。


何故なら、アイソレート(WPI)は、乳糖などのお腹を壊しやすい
不純物を取り除いてよりタンパク質含有量を高めているからです。


つまり、アイソレート(WPI)は、高タンパク質なプロテインだという事です。

・・・と説明したものの、まずアイソレート(WPI)自体が
分からない場合もあるので、順番に説明していきます。


まず、筋肥大に有効なプロテインとしてホエイプロテインが
挙げられますが、これは、多分知っているので説明は省きます。

このホエイプロテインには種類が2つあってホエイの
コンセントレート(WPC)とホエイのアイソレート(WPI)があります。

この2つの違いを説明します。

ホエイのコンセントレート(WPC)とは

世間に出回っていて多くの人が飲んでいるのが
こちらのホエイのコンセントレート(WPC)プロテインです。


このホエイプロテインに含まれるタンパク質は多くても80%位です。
プロテインを購入する時に目安にするのがタンパク質含有量ですが、
それが多くても80%ほど入っているのがコンセントレート(WPC)です。

残りの20%は乳糖や脂肪などが含まれています。


で、この乳糖というのが厄介な成分で、人によってはこの乳糖を
体内に入れると下痢をしやすくなったりおならが出やすくなったりします。

つまり消化不良になりやすい場合があります。

こういう人を乳糖不耐症と言います。


この事実から言えることは、

『ホエイのコンセントレート(WPC)を飲んで、お腹が緩くなりやすい
人や、おならが頻繁に出やすい人は、何も症状がない人に比べて
タンパク質を体内に吸収している確率が低い可能性がある』

という事です。


ただ、もしあなたが上記のような症状がない場合は、
必ずしもアイソレート(WPI)にこだわらなくても良いと思います。

多くの人が飲んでいるコンセントレート(WPC)プロテインでもタンパク質含有量が
多くて品質の良いプロテインもあるので、そちらを試すのも良いかもしれません。


特に下記の記事で紹介しているゴールドスタンダードプロテインは、
コンセントレート(WPC)プロテインの中でもタンパク質含有量がトップクラスで、
購入者の評判(味など)も良いので、良かったら参考にしてみてください。

ゴールドスタンダードプロテインの味について言及してみました


ホエイのアイソレート(WPI)とは

先ほど言った乳糖や脂肪を取り除いてタンパク質含有量を
更に高めたホエイプロテインがアイソレート(WPI)と言います。


中には、タンパク質含有量が96%もあるアイソレート(WPI)があります。

これだけ高タンパク質なプロテインは、アイソレート以外には存在しません。


ただし、このホエイのアイソレート(WPI)はホエイの
コンセントレート(WPC)に比べて弱冠値段が張ります。

何故なら、作る工程でホエイのコンセントレート(WPC)よりも
コストがかかっているからです。


事実、ホエイのアイソレート(WPI)はホエイのコンセントレート(WPC)よりも
若干値段は張りますが、先ほど説明した乳糖不耐症だと思われる人は、
アイソレート(WPI)プロテインを飲んだほうがタンパク質が
体内に吸収されやすいのでおすすめと言えます。


最終的な結論

この2つのホエイプロテイン、コンセントレート(WPC)と
の違いを説明しましが、最終的な結論は・・・


乳糖不耐症と思われる場合は、お腹も壊しにくく、おならも出にくく、
タンパク質の消化吸収率が良くなる確率が上がる高タンパク質な
アイソレート(WPI)のプロテインを飲んだほうが良いです。


乳糖不耐症ではない場合はどちらでも良い・・・という感じですね。


おすすめはバルクスポーツのアイソプロ

baruku

ちなみに乳糖不耐症気味で筋肉をつけたい人に
おすすめのプロテインはバルクスポーツのアイソプロです。

何故なら、アイソレート(WPI)の中でも安価だからです。
そして評判も悪くないからです。


ただ、1つ注意点としてはナチュラル味を購入する場合です。

バルクスポーツのアイソプロナチュラル味は、他のメーカーの
コンセントレート(WPC)と同じくらいの値段で安価ですし、味の評判も
それほど悪いわけではありませんが、決して美味しいとは言えません。
(今まで味付きのプロテインを飲んできた人は少し抵抗があるかも・・・)


成分はこんな感じです。(ナチュラル味)

  • スプーン1杯(約25g)
  • エネルギー   94kcal
  • タンパク質   21.6g
  • 脂質      0.4g
  • 炭水化物    1.0g

ただ、こうしてみると、成分は間違いないので、

「味はどうでもいいから下痢になりにくくて
吸収率も高まって筋肥大するなら飲んでみたい」

という人にはかなりおすすめです。


ちなみに私は、アイソプロのナチュラルを購入して飲みましたが、
不味くなかったし、むしろスッキリした味だったので、普段から甘くて
味が濃いプロテインばかり飲んでいた人にもおすすめかもしれません。



バルクスポーツアイソプロプロテインナチュラルを飲んだところを
動画で撮ったので、良かったら参考にしてみてください。


それでもやっぱり味がついていた方が良いな、と
思う場合は、味のついたアイソプロを選びましょう。


バルクスポーツのアイソプロが在庫切れの場合

mutennka1

ただ、バルクスポーツのアイソプロは、よく在庫切れを
起こしていて購入できないことがあります。
私もよく購入出来ない時があります(苦笑)

そういう時は、アルプロンというメーカーのWPIプロテインが
アイソプロと同じような成分で、それも安価で販売されているので、
そちらを購入しても良いでしょう。口コミも評判も悪くはありません。



最近、アルプロンのプロテインは中味(成分)が変わった、
というレビューが多く、更に味も不味くなったらしいですので、
私の方からもおすすめするのを辞めました。


そこで、バルクスポーツのアイソプロが在庫切れの場合は
代替のWPIプロテインとして、ビーレジェンドのWPIプロテインが
成分的にも同じくらいなのでおすすめすることにしました。



ビーレジェンドのWPIプロテインは2種類販売されていて、
1つは味がついていないビーレジェンドMUTENKAという商品で、
もう1つはビーレジェンド(地中海レモン風味)です。

ちなみに私自身も最近は、バルクスポーツのアイソプロが
在庫切れでWPIプロテインを購入したい時は、
ビーレジェンドのWPIプロテイン(どちらか)を購入しています。


私はどちらかと言うと味のついていない
ビーレジェンドMUTENKAの方を好んで購入しています。
(添加物が気になる人はこちらがおすすめです)

そうしている理由は、決してビーレジェンド(地中海レモン風味)が
不味いというわけではなく、ただ私自身の好みの問題です。
(どちらかと言うと、サッパリ系の味はあまり好んで飲まないだけ)


という事で、ビーレジェンドのWPIプロテインについて
詳しく知りたい場合は、下記のサイトの記事を参考にしてみてください。

ビーレジェンドWPIプロテインの無添加を飲んでみました

ビーレジェンドWPIプロテインの味は以外に良かったという話


この記事が参考になれば幸いです。

おすすめ記事はこちら

海外でおすすめのプロテインはどれなのか?

女性に人気のプロテインをランキング形式紹介します

ソイプロテインを飲む最適なタイミングはいつなのか?

ダイエットする時にプロテイン以外におすすめのサプリメントとは?

減量に特化したおすすめのプロテインを紹介します

プロテインバーでおすすめの商品を5種類紹介します

海外のプロテインやサプリが安価で購入出来るサイトについて書いた記事はこちら

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ホリデーセール(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

・ショッピングカートでプロモコード GET10 を 入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で10%OFF(その他の割引や、プロモーションとの併用可)

・新規購入で40ドル(USD)以上の注文の場合は20%OFF

iherb(アイハーブ)の特別セールや期間限定セールの情報はこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ