プロテインをダイエットで利用する時に気をつけるべき事とは?

この記事の所要時間: 452

プロテインをダイエットで利用する時によく間違いをする人がいます。

多分それは、食事を制限しながらプロテインを飲めば、
ダイエットに成功すると思っている人がやってしまう間違いだと
思うのですが、今回はその辺りについてお話したいと思います。


まず、プロテインはダイエットをしたりする時によく利用すると
思いますが、ここで勘違いして欲しくないのは、プロテインは
牛乳や大豆などから抽出されたただのタンパク質だと言うことです。


他に特別な栄養素がたくさん入っているわけではありません。
(ビタミンやミネラルなどが添加されていることはあります)

なので、プロテインを飲みだしたからといって、
今までの食事も一緒で、運動もしないような習慣で
ダイエットが成功することはあり得ません。


安易な気持ちでプロテインを購入する人でよくやってしまう間違いが、

  • プロテインとタンパク質を含む食品と同じ扱いをしている
  • プロテインを食事代わりにする

この2つです。

順番に説明していきましょう。

プロテインとタンパク質を含む食品と同じ扱いをしている

sake

先ほども説明しましたが、プロテインは
牛乳や大豆などから抽出されたただのタンパク質です。

それ以上でもそれ以下でもありません。


そのプロテインをタンパク質を含む食品・・・例えば、牛肉や
豚肉、卵や乳製品などと同じような扱いをしている人がいます。

それはちょっと違うんじゃないか、と。


何故なら、プロテインはただのタンパク質の塊に対して、
例えば、卵だったらタンパク質以外にもビタミン類や、
ミネラル類も豊富に含んでいる食品だからです。

それは、肉や魚や大豆なども同じで、これらの食品には
タンパク質以外に色々な微量栄養素を含んでいます。


ダイエットを成功させるには、糖質を制限するとか、タンパク質だけを
沢山摂るとか、そういうやり方だけで誰でも上手くいくわけではありません。
(状況によって、うまくいく人もうまくいかない人もいるということです)

やはり、多少の脂質は必要ですし、ビタミンミネラルなども
定期的にとっていかなければ体内で効率良く脂肪が燃焼してくれません。
(炭水化物も脂肪を燃やすエネルギーになるから必要)


プロテインとタンパク質を含む食品を同じような扱いをしてしまうと、
プロテインだけ摂っていればOK、みたいな感じになりかねません。

それだと栄養不足になりやすく、代謝も落ちやすくなる可能性があるのです。


あくまでも、プロテインは栄養補助食品として捉えましょう。


普段は、なるべくタンパク質を含む食品を食べて、それでも
1日で必要なタンパク質が摂れないと思った時にプロテインを
活用する事で、バランス良く必要な栄養素が摂れて、
脂肪が燃えやすくなり、ダイエットに成功しやすくなります。

あなたは、プロテインをどのように活用していますか?


プロテインを食事代わりにする

supuunn

そして、もう一つは先程の話と通ずるところが沢山あると思うのですが、
それはプロテインを食事の代わりにしてしまうということです。


以前、プロテインダイエットというのが流行りましたが、
あれは置き換えダイエットとして、例えば、夕食の代わりに
プロテインダイエットだけ飲む、といった方法です。


置き換えダイエットは、栄養不足になり、もし体重が減ったとしても、
減った分の多くが筋肉であり、結果的に引き締まった体型ではなく、
体が一回り小さくなっただけ、という結果になりやすいのです。

特に女性は、このプロテインを食事代わりにするというやり方・・・
つまり置き換えダイエットをやってしまう傾向にあると思います。


この方法は、先程も言いましたが、栄養不足になりますし、更に炭水化物を
制限している場合は、特に筋肉の減りが早くなる可能性が高くなってしまいます。
(糖質制限で筋肉減る人はこのタイプです)

せっかくプロテインという手軽にタンパク質が摂取できるサプリメントを
購入したのに、そのプロテインを食事代わりにしたら筋肉ばかり減ってしまい、
結果的に理想の体型になれなかった・・・・・こんなの嫌ですよね。


じゃあどうすれば良いのか?

ダイエットでプロテインを活用していく時は、食事から
タンパク質を摂取した上で、それでも1日のタンパク質量が足りないと
思った時に間食などでプロテインを活用して行くのがベストです。


あるいは、プライベートや仕事で忙しくて食事がまともに摂れない時も
あると思いますが、そういう時にプロテインを摂取するのもおすすめです。


また、朝起きた時、あまり食欲が無い・・・
こんな時にプロテインを活用するのもたまにはOK。

プロテインは、このように活用するサプリメントなのです。


何かの事情で、食事が摂れなくなって、
たまにプロテインを利用するのは全然構いません。

つまり、プロテインを利用するタイミングや、
利用する頻度を考えましょう、ということです。


あくまでも、タンパク質を含む食品が主役でプロテインは脇役です。


そして、栄養的に見ても食事の代わりにはなることは出来ません。
(どうしても食事が摂れない状況で飲むのは全然OK)

この辺りをよく理解した上で、プロテインを上手に活用していけば、
効率よく理想の体型、引き締まった体型を手に入れる事に繋がると思いますよ。


この記事が参考になれば幸いです。

おすすめ記事はこちら

海外でおすすめのプロテインはどれなのか?

女性に人気のプロテインをランキング形式紹介します

ソイプロテインを飲む最適なタイミングはいつなのか?

ダイエットする時にプロテイン以外におすすめのサプリメントとは?

減量に特化したおすすめのプロテインを紹介します

プロテインバーでおすすめの商品を5種類紹介します

海外のプロテインやサプリが安価で購入出来るサイトについて書いた記事はこちら

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ホリデーセール(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

・ショッピングカートでプロモコード GET10 を 入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で10%OFF(その他の割引や、プロモーションとの併用可)

・新規購入で40ドル(USD)以上の注文の場合は20%OFF

iherb(アイハーブ)の特別セールや期間限定セールの情報はこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ