お腹の脂肪を取るダイエットで上手にプロテインを活用する方法

この記事の所要時間: 52

ダイエットをする理由で多いのは、お腹周りの
脂肪を取りたい、という人が多いと思います。


そこで、プロテインを活用すればお腹の脂肪を効率よく
減らせるかも・・・と思い、飲んでいる人もいるかもしれません。

しかし、あまり効果は出ない・・・


それは、プロテインの活用の仕方と他にも問題があると思うので、
今回はそのあたりについてお話をしてみようかな、と思います。

プロテインを理解しておく

まず、プロテインは筋肉がつきやすい薬ではなく、
牛乳や大豆に含まれているタンパク質だけを抽出した粉です。


つまり、プロテインは効率よくタンパク質だけを
摂取できる栄養補助食品という認識でいる必要があります。

なので、当然ですが、タンパク質以外の他の栄養素はあまり入っていません。
(中にはビタミン・ミネラルなどを添加してある商品もありますが)


ここを理解した上でプロテインを活用する必要があります。


タンパク質補給は食品がメイン

niku

お腹の脂肪を取っていくのにある程度のタンパク質を
摂取することは大切ですが、これをプロテインばかりで
補うのは賢い選択ではありません。

何故なら、先程も言いましたがプロテインを摂取しても
タンパク質しか栄養が摂取できないからです。


それだと、お腹の脂肪を燃焼させやすくするための他の栄養素
(良い脂質やビタミン・ミネラルなど)が不足しやすくなるのです。

ですから、なるべくタンパク質は食品から摂っていく事が大切。


そうする事で、他の微量栄養素も同時に摂取できて、
体脂肪を燃やしやすい環境を作りやすくなる、というわけです。


ちなみに食品からタンパク質を摂っていく時におすすめの食材は、

  • 鶏胸肉(ささみでもOK)
  • 豚ヒレ肉
  • 牛モモ肉
  • 魚やサバ缶(出来れば水煮)
  • 納豆
  • 豆腐
  • 無脂肪ヨーグルト

このあたりでしょうか。
(私も減量する時は、主に上記の食品を食べます)


あと、調理法としておすすめなのは、焼く(あるいは炒める)
蒸す、茹でる、の3つでそれ以外の調理法はあまりおすすめしません。


詳しいタンパク質の食品に関しては、下記の記事を参考にしてみてください。

タンパク質の多い食品でお勧めを紹介します


プロテインは補助的に上手に活用する

oisii

プロテインを活用する場面は、

  • 朝食で食欲がない時
  • 1日に必要なタンパク質量を摂れない時
  • 忙しくて食事が摂れない時
  • 余分な脂質(脂の多い肉)を摂取する食事になりそうな時
  • 食事と食事の間の間食でタンパク質を補給する時

このような時にプロテインを活用することで、1日に
必要なタンパク質量を確保することが出来たり、食事の
代わりとしてタンパク質を効率よく補給できたりします。


朝食でどうも食欲がない・・・こんな時は、プロテインに牛乳、
あるいは豆乳を加えて、果物や野菜等も一緒にミキサーに入れてしまえば、
糖質もタンパク質も摂れますし、胃腸にもあまり負担はかかりません。


また、忙しくて食事が摂れない時には、食事の代わりに
プロテインを飲むことでタンパク質を補給することも出来ます。

外食しようとした時に、揚げ物や脂質の多い肉しか食べられない
状況の時には、あらかじめプロテインを飲める環境を作っておけば、
わざわざ余分なカロリーを摂取しなくても良くなります。


あとは、プロテインを活用していく時に1番おすすめなのは、間食です。

特に昼食と夕食の時間の間隔が空いてしまうと、空腹感が
強まり、小さなリバウンドが起こりやすくなるので、
間食でプロテインを飲むことで、血糖値も安定させながら
タンパク質も補給できて、余分な脂肪をつくのを防ぎます。


こうして、タイミングを考えながらプロテインを活用すると、
筋肉の材料にもなるタンパク質が毎日必要な分だけ体内に補給できて、
筋肉をつけたり、維持したり、代謝を上げたりするきっかけになり、
結果的にお腹の脂肪を取ることにも繋がりやすくなるのです。


まとめ

今回の話をザックリまとめると、お腹の脂肪を取るダイエットで
上手にプロテインを活用していくには、プロテインを主役にしないこと。

あくまでも主役は、タンパク質を多く含んで
余分な栄養素(脂質)が含まれていない食品です。


そして、1日に必要なタンパク質量が足りない時や、タンパク質を
食品で摂取できないタイミングでプロテインがうまくフォローする形で
タンパク質を摂取することで、筋肉量を維持したり、血糖値を安定
させながら、お腹の脂肪を取る良い流れを作っていくのです。


つまり、プロテインはサブとして活躍することで、結果的に
お腹の脂肪を取るダイエットに成功しやすくなる、ということ。

  • 朝食で食欲がない時
  • 1日に必要なタンパク質量を摂れない時
  • 忙しくて食事が摂れない時
  • 余分な脂質(脂の多い肉)を摂取する食事になりそうな時
  • 食事と食事の間の間食でタンパク質を補給する時

こんなタイミングでプロテインは活用することが出来ますよ。


プロテインについては、下記の記事を参考にしてみてください。

海外でおすすめのプロテインはどれなのか?

女性に人気のプロテインをランキング形式紹介します

ソイプロテインでおすすめ出来るモノは限られています


この記事が参考になれば幸いです。



PS

あ、そうそう、1つ言い忘れましたが、決して夕食の代わりに
プロテインだけ・・・こんな活用の仕方はやめましょう。
場合によっては、余計に脂肪がつきやすくなりますから。


関連コンテンツ

海外のプロテインやサプリ・オーガニック食品が安価で購入出来るサイト

アイハーブをおすすめする理由!プロテインやサプリも紹介

マイプロテインを評価・味も値段もおすすめできるブランドです

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■マッスルテックの製品(プロテイン等)が15%OFF(日本時間で11月23日午前2時まで)

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中で25%〜最大80%OFF

■月一セール・チョコレート味が全品30%OFF

・割引コードは CHOCO30 です。

プロテインのおすすめ関連記事

海外でおすすめのプロテインはどれなのか?

筋肥大におすすめのプロテインはアイソレート(WPI)です

女性に人気のプロテインをランキング形式紹介します

太るためのプロテインはどれがおすすめなのか?

減量に特化したおすすめのプロテインを紹介します

スポンサーリンク

サプリメントのおすすめ関連記事

タンパク質を含むサプリでプロテイン以外におすすめは?

ダイエットする時にプロテイン以外におすすめのサプリメントとは?

バルクアップする時にプロテイン以外でおすすめのサプリは?

Lカルニチンと共役リノール酸は脂肪燃焼効果を高めるサプリです

アイハーブでおすすめのマルチビタミンを3つ紹介します

プロテインのお菓子についての記事

プロテインバーでおすすめの商品を5種類紹介します

タンパク質を間食で摂るのにおすすめのお菓子を紹介します

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ