普段からトレーニングジムで筋トレをして、その後にプロテインを飲んだり、間食でプロテインを飲んだりする場合は、プロテインを持ち運びする必要があります。

そこで今回は、プロテインの持ち運びにおすすめの方法や、その中でおすすめのプロテインシェイカーも紹介します。

 

その前に、プロテインを持ち運びするのに重要なポイントについて解説していきましょう。

プロテインの持ち運びに重要なポイント

コンパクトで丈夫

まず、プロテインを持ち運ぶ時に重要なポイントは、持ち運びやすいかどうか?というところ。

 

いくらプロテインを持ち運ぶことが出来ても、持ち運びにくいのは嫌ですよね。

例えば、プロテインを持ち運ぶための容器がやたら大きいとか・・・。

 

あと、プロテインを持ち運ぶ容器の蓋がすぐ空いてしまいそうな商品や、明らかに耐久性が弱そうな商品だと、持ち運んでいる途中にプロテインが漏れる心配があります。

ですから、プロテインを持ち運ぶ時に重要なポイントは、コンパクトで丈夫なものを選択することが大切です。

 

プロテインの持ち運びにおすすめのアイテム

ジップロック



ジップロックと言えば、今だったらどの家のキッチンにも常備されているのではないでしょうか。

ジップロックは、今回紹介するアイテムの中でも、わざわざ購入しなくても用意できると思います。

 

1回摂取する分のプロテインをジップロックに入れて持ち運ぶことになりますが、ここで問題になってくるのは、1枚のジップロックを何回も使い回すのか、使い回さないのか?というところ。

プロテインを入れて、持ち運びしたジップロックを家に持ち帰って、洗って再利用するのであれば、かなりコストは安く済みます。

 

ただし、ジップロックを販売しているメーカー側は使い捨てを推薦しています。(衛生上あまり良くないという理由から)

このあたりをどうするか?は、その人の判断になりますが、私だったらジップロックにプロテインを入れるなら、使い捨てをすると思います。

 

もし、ジップロックを1回使う度に捨てる場合は、コストは高くなるので、あまりおすすめできないかもしれません。

それだったら、これから紹介するアイテムのほうが全然おすすめです。

 

マイプロテイン・ピルケース



マイプロテインで販売しているピルケース・パワータワーは、プロテイン3回分を持ち運びできる容器です。(要するに3つの容器)

プロテインじゃなくても、サプリメント(BCAAなど)なども持ち運びできるので、すごく便利ではないでしょうか。

値段も330円と激安。

 

もし、1日でプロテインを1回以上摂取する場合や、同時にサプリメントも持ち運びしたい場合は、マイプロテインのピルケースはおすすめです。

マイプロテインのピルケースの詳細はこちら

 

携帯漏斗



マイプロテインから販売されている携帯漏斗。

こちらは、ペットボトルにプロテインやBCAA、マルトデキストリンなどの粉末を入れることができる便利なアイテム。

 

ペットボトルに入れる口の部分にも蓋がついているので、プロテイン1回分の持ち運びが可能です。

プロテインを飲む時は、コンビニなどで購入した500mlのミネラルウォーターを半分くらい飲んだら、そこに携帯漏斗の口の部分の蓋を開けて、ペットボトルの口に突っ込んであげるだけで、携帯漏斗に入っていたプロテインがペットボトルに入ります。

 

もし、外出先でプロテインシェイカーを持ち歩かない場合で、プロテインをペットボトルで飲みたい場合、携帯漏斗は便利なアイテムです。

マイプロテインの携帯漏斗の詳細はこちら

 

この携帯漏斗は私も持っていますが、かなり便利で助かっています。

ただ、商品の値段が高いのがネック。(もう少し安くなれば、購入しやすいのに・・・)

 

ブレンダーボトル・プロスタック・拡張パック



先程紹介したマイプロテインのピルケースと同じように3つの容器がセットになっているのがブレンダーボトルのプロスタック・拡張パックです。

値段は、マイプロテインのピルケースの2倍以上しますが、デザインや作りはこっちの方が良い感じがします。(カラーも何種類かありますし)

 

まあ、どちらも3つの容器には変わりないので、ここは値段で選ぶか?デザインや作りで選ぶか?と言ったところでしょう。

ブレンダーボトルのプロスタック・拡張パックの詳細はこちら

 

プロテインの持ち運びにおすすめのプロテインシェイカー

「プロテインを持ち運ぶならプロテインシェイカーだけで充分でしょ」と思うかもしれません。

 

プロテインシェイカーの中にプロテインを入れればそれで良いじゃん・・・と思う人もいると思いますが、それだとプロテインの粉末が入っているシェイカーに水を注ぐことになります。

先にシェイカーにプロテインを入れて、後から水を注ぐ飲み方はプロテインがダマになりやすくなるので、あまりおすすめできません。(溶けやすいプロテインはこの方法でも綺麗に溶けますが・・・)

なので、プロテインシェイカーにプロテインやサプリメントを入れる容器がセットになっている商品を選ぶ方が良いと思います。

 

マイプロテイン・スマートシェイクスリムシェーカー



マイプロテインのスマートシェイクスリムシェーカーは、シェイカーの下の部分に1つ容器がついているので、そこにプロテインを入れることが出来ます。

プロテインシェイカー自体も500mlと容量は大きくないので、1回分のプロテインを飲むのに最適です。

 

トレーニングジムで筋トレをした後にプロテインを飲んだり、間食で飲んだりする場合は、コンパクトで持ち運びもしやすいのでおすすめ。

マイプロテインのスマートシェイクスリムシェーカーの詳細はこちら

 

値段も安価ですし、値段の割には作りもしっかりしています。

私も持っていますが、今までプロテインが漏れたたこともありません。

 

マイプロテインのスマートシェイクスリムシェーカーについては、下記の記事でも詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。

プロテインシェイカーでおすすめの商品を5つ紹介します

 

ブレンダーボトル・プロスタック



こちらはプロテインシェイカーのメーカーの中でも有名なブレンダーボトルのプロスタック。

少し値段は張りますが、ブレンダーボトルのプロスタックには2個の容器がついてくるので、2回分のプロテインを持ち運ぶことが出来ます。

 

さすが有名メーカーだけあって、作りがしっかりしているようで、デザインや色もかっこいいです。

なので、見た目も重視しながら長い間使用していきたい場合は、ブレンダーボトルのプロスタックを選択してみても良いでしょう。

ブレンダーボトルのプロスタックの詳細はこちら

 

カラーですが、男性だったらネイビーやシアン、女性だったらピンクが良いかな、と思いました。

 

まとめ

今回は、プロテインの持ち運びにおすすめの方法や、その中でおすすめのプロテインシェイカーも紹介してきました。

 

現在使用しているプロテインシェイカーを持ち運んで容器も別で持ち運ぶ、というパターンを選択する場合は、

容器のみを購入する場合

  • ジップロック
  • マイプロテイン・ピルケース
  • ブレンダーボトルのプロスタック・拡張パック
  • 携帯漏斗

この4つがおすすめ。(ジップロックは使い回しをしない場合はコストが割高になるので注意)

 

プロテインシェイカーとプロテインを持ち運ぶ容器が一体になった商品を求めている場合は、

容器付きプロテインシェイカーを購入する場合

  • マイプロテイン・スマートシェイクスリムシェーカー
  • ブレンダーボトル・プロスタック

この2つがおすすめです。

 

いずれにしても、プロテインを持ち運びする場合は、コンパクトで丈夫というところを念頭に置いて選んでいくと良いでしょう。

デザインを重視する場合は、少し値段が張るかもしれませんが、そこは妥協しない方が良いかもしれません。(妥協すると、だいたい後悔するから)

 

ちなみに、現在私が使用しているのは、携帯漏斗と、マイプロテインのスマートシェイクスリムシェーカーです。(両方とも1年以上前に購入しましたが、まだまだ現役で使っています)

 
この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク