プロテインバーは、外出中でも手軽にタンパク質を摂取できるのでおすすめですが、今回はその中でおすすめのプロテインバーを10種類紹介します。(1つ増えて、11種類になりました)

また、プロテインバーのタンパク質(原料)の種類や食べるタイミング、選ぶ基準などについても言及していこうと思います。

もくじ

ウィダープロテインバー

日本で有名というか、一番食べられているプロテインバーと言えば、ウィダーのプロテインバーです。

 

多分、プロテインバーと言ったらこの商品しか思い浮かばない人も多いかもしれないくらい知名度は抜群。

その理由にウィダーのプロテインバーは、コンビニでも手に入れやすい、という特徴があります。

 

そんなウィダーのプロテインバーの中でもおすすめなのが、ベイクドチョコとナッツです。

ベイクドチョコ味


ウィダープロテインバーの中では一番人気の商品がベイクドチョコ味で、成分はこんな感じ。

 
1本あたり 34g
エネルギー 166kcal
タンパク質 10.4g
糖質(炭水化物) 12.6g
脂質 8.6g
タンパク質は、1本で約10gほど摂取できますが、炭水化物は12gで脂質も8gほど摂取できてしまうので、ダイエット(減量)をしている人は、食べ過ぎには注意が必要。

と、言っても一度に何本も食べることは無いと思いますが・・・。

 

タンパク質を摂取するお菓子として採点すると、ウィダーのプロテインバーの成分は、あまり良いとは言えないでしょう。

まあ、間食としてタンパク質を少し摂取しながら甘いお菓子を食べる、というくらいの感覚でいるのが良いのではないでしょうか。

そこらに売っている甘いお菓子を食べるよりは成分的には全然良いですから。

 

また、味に関しては購入者のレビューを見てもらえば分かりますが、美味しいという意見が結構多いです。

実際に私も、何度かコンビニで購入して食べたことがあるのですが、感想としては食感もチューイー系ではなく、サクッと系ですし、味も美味しいです。


 

タンパク質(10g程度)を手軽に摂取できて、おやつ代わりに・・・という感覚で食べるのであれば、プロテインバーの中ではおすすめできる商品なので、良かったら試してみてください。

ナッツ味

こちらのナッツ味も結構人気があるみたいです。

先ほど紹介したベイクドチョコよりもナッツのほうが好みの人もいるかもしれません。人それぞれ好みは違いますから。

 

そういう時は、ナッツの方を試してみるのも良いでしょう。(こちらも、味に関しては評判が良いですよ)
 

あと、バニラ味もあるので良かったら試してみてください。

グラノーラ味


 
1本あたり 30g
エネルギー 108kcal
タンパク質 10.5g
糖質(炭水化物) 14.8g
脂質 0.7g
最近、コンビニで見かけたので、購入して食べてみたのがウイダープロテインバーのグラノーラ味。

 

まず、思ったよりも成分が良いのに驚きました。

タンパク質含有量は、10.5gとプロテインバーの中では少ないのですが、脂質が0.7gしかなく、カロリーも108kcalと少なめなので、ダイエット(減量)をしていて、タンパク質だけ摂取したい人にはかなりおすすめできます。

 

ただ、糖質が14.8gと多少はあるので、糖質制限のダイエットをしている人は注意が必要です。

いずれにしても、ウイダーのプロテインバーを成分だけで選ぶなら、断然グラノーラ味がおすすめかな、と思います。

 

グラノーラ味は、見た目からも分かると思いますが、まさにグラノーラを固めたような感じで食感はサクサクではなく、少しシットリとしているのかな。


で、美味しいのかどうか?というところですが、結論から言うと、『普通に美味しい』です。

私の個人的な意見としては、すごく美味しいわけではないけど、甘さは抑えられていてまあまあ美味しいからコンビニによった時にたまに食べようかな、というレベル。

人それぞれ好みが分かれる味かな、と思いました。

 

ちなみに、味だけで選ぶならベイクドチョコ味が1番無難に美味しいのかな、と個人的には思います。

Oh Yeah・プロテインバー(ONEバー)


以前から、アイハーブでも安定した人気があり、味の評判が良いOh YeahというメーカーのONEバーというプロテインバーを購入してみました。

今回購入したのは、メープルグレーズドドーナツ味です。

メープルグレーズドドーナツ味の成分

1本あたり 60g
エネルギー 220kcal
タンパク質 20g
炭水化物 24g
脂質 8g
Oh YeahのONEバーは、タンパク質も20gありますし、脂質は10g以下ですし、炭水化物も主な成分が糖アルコールなので、実際の糖質は数値ほどありません。

なので、糖質制限の人でも食べられそうです。

 

メープルグレーズドドーナツ味を食べた感想を一言でまとめてみると、

『多少のメープル味を感じられて甘くて美味しい。食感はしっとりでサクサクまでいかない』

こんな感じになります。

 

ちなみに、一口食べると、メープルグレーズドドーナツ味の中は、ドーナツっぽい色でしっとりしていました。


メープルグレーズドドーナツ味は、海外のプロテインバーの中では、かなり美味しいと思いましたが、甘いのが苦手な人や、サクサクの食感を好む人は合わないかもしれません。

私は、サクサクの食感も好きですが、しっとりしているのも好きなので、またリピートするつもりです。(チューイーは少し苦手)

 

総合的(味や成分)に見ても、Oh YeahのONEバー(プロテインバー)は良いプロテインバーだと思いますので、好みの味があれば試してみてください。


メープルグレーズドドーナツ味を食べた感想を詳しくレビューした記事もあるので、良かったら参考にしてみてください。

Oh YeahのONEバー(プロテインバー)メープルドーナッツ味をレビュー

マッスルファーム・プロテインバー・コンバットクランチ


マッスルファーム(Muscle Pharm)というメーカーで販売されているプロテインバーがコンバットクランチです。

 

マッスルファームは、日本ではあまり馴染みがないメーカーですが、海外では比較的有名なメーカーで、他にもプロテインやBCAA、クレアチンやグルタミンなど色々なサプリメントを販売しています。

なので、商品としての品質に関しては、まず心配する必要は無いでしょう。

コンバットクランチの成分(チョコレートチップクッキー味)

1本あたり 63g
エネルギー 210kcal
タンパク質 20g
糖質(炭水化物) 25g(12gは食物繊維)
脂質 7g
今回紹介したプロテインバーの中ではタンパク質含有量も多く、炭水化物も多いように見えますが、半分近く(12g)が食物繊維なので、糖質制限をしている人も食べやすくて脂質もそれほど多くないのが特徴です。

ですから、純粋にタンパク質をしっかり摂っていきたい場合は、マッスルファームのプロテインバー、コンバットクランチはかなりおすすめになる製品ではないかと思います。(脂質が7gとそれほど多くない、というのもおすすめできるポイント)

 

注意点としては、カロリーが210kcalと少々高めなので、ダイエット(減量)をしている場合は、状況によって食べる、食べない、半分だけ食べる等して調整をする必要があるかもしれません。

 

ただ、視点を変えて、マッスルファームのプロテインバーを1回の間食や食事としてカウントして、それをたまにやるくらいなら問題無いかな、と思います。(砂糖が5g含まれているので、毎日は食べないほうが良いかもしれません)

何故なら、成分的にはタンパク質含有量も20gとちゃんとあり、炭水化物もあると言っても半分近くが食物繊維ですし、脂質もそれ程多くはないので、ダイエット中でもうまく調製すれば食べられる商品だからです。

コンバットクランチの味

また、味に関しては、下記の販売サイトで購入者のレビューを参考にして頂くのが一番良いですが、基本的に海外のプロテインバーは甘めに作ってある場合が多いので、そこは頭に入れておくと良いかもしれません。

 

ただ、購入者のレビューを見ると、美味しいという意見がかなり多いですよ。


実は、私もマッスルファームのプロテインバー(チョコチップクッキー味)を購入して食べたのですが、かなり美味しかったです。

甘いのが苦手、チョコが苦手な人以外にはおすすめできる商品かな、と。

 

見た目や食感ですが、外の部分はチョコレートでコーティングされていて、食感はサクッとしていて、中はチューイーで見た目はこんな感じ。(食べると、サクッときてグニャっとくる流れかな)


味に関してザックリ感想を言っておくと、外側のコーティングされたチョコレートと、中身のキャラメルみたいな感じの味が合わさってかなり美味しいと思いました。

私の中ではリピートしたいレベルの味でした。

 

コンバットクランチの詳しい味のレビューや成分については、食べたところを動画に撮ってあるので、良かったら参考にしてみてください。

 

クエストニュートリション・プロテインバー


クエストニュートリション(Quest Nutrition)のクエストバーは、購入した人のレビューも良く、味も美味しいと評判で人気もあるようです。(海外のプロテインバーの中でも、人気はトップ3に入るか入らないか?というところ)

クエストバーの成分(チョコレートチップクッキー味)

1本あたり 60g
エネルギー 190kcal
タンパク質 21g
糖質(炭水化物) 20g(14gは食物繊維)
脂質 9g
クエストニュートリション(Quest Nutrition)のクエストバーは、マッスルファームのプロテインバーよりもカロリーは低く、糖質は少なくて、タンパク質含有量と脂質量は同じくらいなので、成分だけで言えば、同じくらいおすすめ出来るかもしれません。

それに、糖質(炭水化物)は20gと表示されていますが、そのうちの14gが食物繊維、エリトリトール(糖アルコール)が2gで、実質の炭水化物は4gしかありませんから、クエストバーは糖質制限をしている人も安心して食べられるプロテインバーと言えるでしょう。

 

また、場合によっては間食や、1食の食事として摂っていくと、栄養バランスも良さそうなので、ダイエット(減量)をしていく時に役立つでしょうし、甘いモノが好きで、短い頻度で食べたくなる人にとっては救世主になるかもしれません。

ただし、美味しいからといって食べ過ぎには注意ですが・・・。

実際、このチョコレートチップクッキー味の評判はかなり良いみたいですし、私も購入して食べたことがあるのですが、結構美味しかったですよ(個人的な好みでは、コンバットクランチより弱冠劣るかも・・・)

 

もし、あなたが現時点でクエストニュートリション(Quest Nutrition)のクエストバーに興味があれば、日本のサイトよりも安い値段で購入できるアイハーブのサイトからクエストバーの詳細を確認してみてください。

クエストバーを購入して食べてレビューしました


実は最近、上記の画像にもある通り、クエストバーのクッキー&クリーム味を購入して食べてみました。(チョコレートチップクッキー味も食べました)

 

クッキー&クリーム味と、チョコレートチップクッキー味を食べた時のレビューは、下記の記事で詳しく書いてあるので、良かったらそちらも参考にしてみてください。(食べたところを動画にも撮りました)

アイハーブでクエストバーを購入・味や成分について語ってみた

BSN・シンサ6プロテインクリスプ


最近になって、かなり人気を集めているプロテインバーがBSNのシンサ6プロテインクリスプです。(アイハーブでは人気トップ3に入っていると思います。)

プロテインクリスプの成分(塩タフィープレッツェル味)

1本あたり 57g
エネルギー 240kcal
タンパク質 20g
糖質 24g
脂質 7g
BSNのシンサ6プロテインクリスプは、カロリーが240kcalと高くて糖質も24gあるので、ダイエット(減量)をしている人や、糖質制限している人は、食べる時はタイミングをよく考えた方が良いでしょう。

一方で、タンパク質も20gありますし、脂質も7gとそれほど多くはないので、筋肥大を目的としたバルクアップ(増量)をしている時には、おすすめです。

 

味に関して言うと、このシンサ6プロテインクリスプは、私が今まで食べてきたプロテインバーの中で1番美味しかったです。

見た目で分かると思いますが、一般的にチューイーな食感が多いプロテインバーとは違って食感はサクサクです。


甘いのが苦手な人や、チョコ系が苦手な人は難しいかもしれませんが、それ以外の人は、シンサ6のプロテインクリスプは試す価値があるプロテインバーだと個人的には思います。(購入者のレビューもかなり良いです)


また、BSNのシンサ6プロテインクリスプについては、下記の記事で詳しく書いているので、良かったらこちらも参考にしてみてください。(動画あり)

BSNのシンサ6プロテインバー(クリスプ)の味がヤバかった話

BNRG・パワークランチプロテインエネルギーバー


BNRGのパワークランチプロテインエネルギーバーも、アイハーブの中で人気のプロテインバーになっています。

パワークランチの成分(トリプルチョコレート味)

1本あたり 40g
エネルギー 205kcal
タンパク質 13g
糖質 10g
脂質 13g
BNRGのパワークランチバーは、他の一般的なプロテインバーと比べて、タンパク質は13gと少なく、カロリーは200kcal以上で脂質も糖質もそれなりにあるので、プロテインバーとしての評価は低いとしか言いようがありません。

しかし・・・

その成分の悪さを補うのが、パワークランチバーの食感と味です。

 

下記の画像からも何となく分かるかもしれませんが、パワークランチバーは、ウエハースにチョコがコーティングしてあるようなプロテインバーです。


世間一般的なウエハースというと食感はサクサクですが、パワークランチバーも同じように食感はサクサクです。

そして、味も外からチョコレートのコーティングと、中にはチョコレートがウエハースの間に詰まっていて非常に美味しいです。(トリプルチョコレート味はチョコレート好きにはたまらないかもしれません)

 

BNRGのパワークランチバーは、美味しさレベルで言うと、先程紹介したシンサ6のプロテインクリスプに匹敵するくらい美味しいので、サクサクのウエハースと甘いのが好きな人には、おすすめしておきます。(ただし、ウエハースだけあって、食べていると口の中の水分を持っていかれるので、そこはご了承ください)


それに、値段も他のプロテインバーと比べて安価だというのも、パワークランチバーの魅力かもしれません。(値段から考えれば、コストパフォーマンスは良いと思います)

 

あと、BNRGのパワークランチプロテインエネルギーバーについては、下記の記事で詳しく書いているので、良かったらこちらも参考にしてみてください。(動画あり)

BNRGのパワークランチバーを数種類食べてみた!味の感想は?

OOHSnap・プロテインバー


OOHSnapのプロテインバーは、アイハーブの中でそれほど知名度があるわけではありませんが、購入者のレビューで「美味しい」という声が多かったので、試しに購入してみました。

購入したのは、チョコレートピーナッツ味。(今のところ、味は1種類のみ販売しています)

OOHSnapの成分(チョコレートピーナッツ味)

1本あたり 41g
エネルギー 150kcal
タンパク質 15g
炭水化物 15g
脂質 6g
食物繊維 9g
成分に関しては、表を見てもらえば分かると思うのですが、カロリーは低めで脂質も6gと悪くないのですが、タンパク質含有量も15gと低めなので、そこは微妙なところ。

炭水化物は15gありますが、食物繊維が9g含まれているので、実質の糖質は6gと、こちらはそれほど悪いわけではありません。

まとめると、タンパク質はそれほど摂取できないけど、普通に間食として食べる分には問題ない成分と言えるでしょう。

 

チョコレートピーナッツ味の見た目はこんな感じで、ピーナッツが入っているのがよく分かると思います。


そして、プロテインバーにとって1番重要な条件の味がどうか?というところですが、結論から言うと、甘くてサクサク、チョコレートピーナッツという感じも出ていて、文句なしに美味しかったです。

特に、チョコレート系のお菓子が好きな人にはおすすめ。

 

個人的には、今まで食べたプロテインバーの中で、1番美味しいと思っているBSNのシンサ6プロテインクリスプに匹敵するくらい美味しいと感じました。


また、OOHSnapのプロテインバーについては、下記の記事で詳しくレビューしているので、良かったらこちらも参考にしてみてください。(動画あり)

OOHSnapのプロテインバーの味は美味しい?安いか?も検証した

California Gold Nutrition・プロテインバー


California Gold Nutritionは、アイハーブのプライベートブランド。

そこのプロテインバー(ピーナッツバター・チョコレートチップ味)を1つ紹介します。

ピーナッツバター・チョコレートチップ味の成分

1本あたり 60g
エネルギー 250kcal
タンパク質 14g
炭水化物 29g
脂質 9g
結論から言うと、タンパク質が14gしか無く、カロリーも炭水化物も多いプロテインバーなので、ダイエット(減量)や糖質制限をしている人は、手を出しにくいかもしれません。

それ以外の人には問題無い成分ですけどね。

 

1つだけCalifornia Gold Nutritionのプロテインバーの良いところを挙げるとしたら、タンパク質の原料がホエイとミルクプロテインアイソレートを使用しているところでしょうか。

プロテインバーの中には、大豆(ソイ)を原料にしているメーカーも結構あります。

大豆(ソイ)は、女性にとっては良いかもしれませんが、男性はホエイの方を好む人が多いですから。

 

話は変わって、California Gold Nutritionのプロテインバーの見た目は、チョコレートがコーティングされていて、ノッペリしていました。


一口食べてみた感想を言うと、

「すごくチューイーで、味と食感はピーナッツバターっぽい味がする甘いキャラメル」

という感じです。

 

個人的には、普通レベルの美味しさのプロテインバーでした。(すごく美味しいわけではない)

ただ、かなりネッチョリ系のプロテインバーで、スニッカーズのような食感なので、この食感が嫌な人や、甘いのが苦手な人は、スルーしたほうが良いかもしれません。

 

逆に、これらの表現を聞いて「自分の好みに合いそう」と思った場合は、アイハーブでCalifornia Gold Nutritionのプロテインバーの詳細を確認してみてください。

ユニバーサルニュートリション・プロテインバー


次は、Universal Nutrition(ユニバーサルニュートリション)のプロテインバーを紹介します。

このプロテインバーも先程紹介したマッスルファームやクエストニュートリション同様に安定して人気がある商品です。

ユニバーサルニュートリションの栄養成分(チョコレートブラウニー味)


 
1本あたり 56.7g
エネルギー 190kcal
タンパク質 21g
糖質(炭水化物) 23g(ほぼ、糖アルコール)
脂質 3.5g
この成分を見た時に私は、

「おお、このプロテインバーは脂質が少ないし、糖質も糖アルコールだから、実質の糖質はほぼ無い上にタンパク質が21gも摂れるじゃん」

そう思って試しに購入してしみました。(味に関しても、レビューで良い意見が多かったですし・・・)

 

カロリーが190calあるので、それほど低いカロリーとは言えませんが、タンパク質を摂取する目的(間食におすすめ)なら、脂質も少ないこのプロテインバーは成分的にはかなり優秀と言えそうです。(糖質制限をしている人にもおすすめ)

それに、プロテインバーの中でもかなり安価なので、ユニバーサルニュートリションは、味は別としてコストパフォーマンス的には良いのかな、と。

 

で、肝心の味のほうですが、まあまあ美味しかったですよ。

サクッという感じじゃなくて、ネチャっとした感じで製品自体はそれほど大きくないんですけど、中身が詰まった感じでした。


それと、アメリカ産の製品は甘めに作ってあるのを覚悟して購入していましたが、思ったよりも甘くなかったです。

でも、私が「アメリカ産は甘い」と身構えていたからそれほど甘く感じなかったのかもしれません。(私自身、甘いのは嫌いじゃないですし・・・)

 

どちらにせよ、Universal Nutrition(ユニバーサルニュートリション)のプロテインバーは、私の個人的な意見としては美味しい部類に入りました。


Universal Nutrition(ユニバーサルニュートリション)のプロテインバーを食べたところを動画に撮ってみたので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

 

ThinkThin・プロテインバー


ThinkThinというメーカーは、アイハーブで見つけたのですが、どうやらプロテインバーなどのお菓子系を専門に販売しているようです。

私は、味の評判も良さそうなホワイトチョコレート味を購入して食べてみました。

ホワイトチョコレート味の成分

1本あたり 60g
エネルギー 230kcal
タンパク質 20g
炭水化物 24g
脂質 8g
成分的には、糖質が24gでカロリーもボチボチあるので、ダイエットや糖質制限している人が食べる場合は、気をつけたほうが良いでしょう。

タンパク質は、20gあるので問題なし。

 

見た目は、名前の通りホワイトチョコレートがコーティングしてあり、美味しそうに見えました。


実際に食べてみると、食感はモッサリしていますが、味はボチボチ美味しいと思います。(バームクーヘンのような食感です)

 

また、甘味料の甘さが気になる人もいるかもしれませんが、この味もその人の好み次第でしょう。

個人的には、

「今度は違う味をリピートしてみようかな」

と思うレベルの味でした。

 

興味がある場合は、アイハーブで詳細を確認してみてください。


ThinkThinのプロテインバー(ホワイトチョコレート味)については、下記の記事で詳しくレビューしているので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

ThinkThinのプロテインバーを食べた味の感想をレビュー

ピュアプロテイン・ピュアプロテインバー


今度はどのプロテインバーを購入しようかな、と思っていたところ、ピュアプロテインのプロテインバーが他の購入者のレビューも良く、美味しそうだったので購入してみました。

正直、私はピュアプロテイン(Pure Protein)というメーカーは知らなかったのですが、見てみるとプロテインを含んだ甘い系のバーやお菓子を販売していました。

 

今回購入したのは、ピュアプロテインバーのチョコレートピーナッツキャラメル味です。

チョコレートピーナッツキャラメル味の成分


 
1本あたり 50g
エネルギー 190kcal
タンパク質 20g
炭水化物 17g
脂質 6g
成分を見てみると、タンパク質も20gありますし、脂質も6gとそれほど多くはない・・・けど、炭水化物が17gあるので、糖質制限をしている人や、減量をしている人は注意が必要かもしれません。

一応、サイトの成分表を見ると、糖アルコールが8gと記載されていますが、記載されているマルチトールは多少は血糖値を上げるため、やっぱり糖質制限の人は控えたほうが良いかも・・・。

まあ、普通にタンパク質を補給するお菓子としては、優秀なプロテインバーだと思います。

 

で、今回購入したピュアプロテインバーのチョコレートピーナッツキャラメル味の見た目はこんな感じ。

チョコレートでコーティングしてあって、少しノッペリしていました。


早速、一口食べてみると・・・

食べた感想
  • 結構甘いけど、普通にチョコレートピーナッツキャラメルという感じで美味しかった
  • 白い部分は、少しだけサクッとしていて、上部のキャラメルナッツの部分はチューイーな感じ
  • スニッカーズに近い感じの味
  • 少し塩っ気があった
こんな感想になりました。


まず、甘さは予想通りアメリカンな甘さで、甘いのが好きでチョコレートやキャラメルも好きな自分としては、普通に美味しかったです。

 

食感は、すごくサクサクというわけじゃないけど、チューイーでもないという感じでした。

強いて言うならスニッカーズに近い感じかな。(ちょっと違うかも・・・)

ちょっと塩っ気があったけど、自分はそれほど気にならず、どちらかと言うと、キャラメルの味の方が印象的だったかな。

 

あと、食べたのが夏場だった為、コーティングしてあるチョコレートが溶けかかっていたので、夏は冷蔵庫で冷やしてから食べると良いかもしれません。(自分は常温でもどちらでもイケそう)

今回食べたピュアプロテインバーのチョコレートピーナッツキャラメル味は、今まで食べたプロテインバーの中では、美味しさで言うとトップ5には入っているかな、と思いました。


普通に美味しかったので、次回は他の味も購入してみようかな、と思っています。

 

チョコレートピーナッツキャラメル味を食べたところを動画にも撮ってあるので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

 

プロテインバーを安価で購入するには?

アイハーブでプロテインバーを安価で購入するには、例えば、40ドル以上購入することで送料が無料になりますし、新規購入者の場合は、10ドル割引が適用されるクーポンコード JP2018 を利用するという方法もあります。

 

また、2回目以降の購入者(リピート)でも全商品5%が割引になるクーポンコード RPV077 もあり、この2つのクーポンコードは併用して利用することが出来るので、特に新規購入者は、かなりお得にお買い物ができると思います。

もし良かったら活用してくださいませ。

プロテインバーのタンパク質(原料)の種類


当たり前の話ですが、プロテインバーにはタンパク質が配合されています。

 

そのタンパク質(原料)の種類は、

タンパク質の種類(原料)
  • ホエイ
  • 大豆(ソイ)
この2種類です。

プロテインにホエイプロテインと大豆プロテイン(ソイプロテイン)があるように、プロテインバーにも、ホエイ、あるいは大豆(ソイ)が使用されているというわけです。

 

ここで、どちらの原料を使用したプロテインバーの方が良いのか?という疑問が湧くかもしれませんが、これは目的によって色々な答えがあると思います。

一応、ホエイは動物性タンパク質で、大豆の植物性タンパク質よりも、筋肥大に向いていると言われているので、そういう情報を気にしてプロテインバーもホエイが原料の方が良いと思う人がいるかもしれません。

そう思う人は、ホエイが原料のプロテインバーを購入すれば良いと思います。

 

そうではなく、

「プロテインバーは毎日何本も食べるものじゃないから、たまにタンパク質補給する分には、ホエイでも大豆(ソイ)でもどちらでも良い」

「プロテインバーを選ぶ最重要ポイントは美味しさだ」

このように思っている人は、とにかく自分が美味しいと思うプロテインバーを食べていくのが1番良いでしょう。

 

以下に、今回紹介したアイハーブで販売しているプロテインバーのタンパク質の原料を記載しておいたので、購入する時の判断材料にして頂ければ、と思います。

ホエイが原料のプロテインバー
  • マッスルファーム・プロテインバー・コンバットクランチ
  • クエストニュートリション・プロテインバー
  • BNRG・パワークランチプロテインエネルギーバー
  • ThinkThin・プロテインバー(ThinkThinは大豆も配合されています)
  • California Gold Nutrition・プロテインバー
  • ピュアプロテイン・ピュアプロテインバー
  • Oh Yeah・プロテインバー(ONEバー)
大豆(ソイ)が原料のプロテインバー
  • BSN・シンサ6プロテインクリスプ
  • OOHSnap・プロテインバー
  • ユニバーサルニュートリション・プロテインバー
ちなみに、私はプロテインバーを購入する時は、タンパク質含有量と、味が美味しいかどうか?で選んでいます。

なので、タンパク質の原料がホエイか大豆か?にはこだわっていません。

 

プロテインのように毎日摂取するのなら少しは考えますが、プロテインバーは毎日食べるわけでは無いですし、食べたとしても、たかだか20g程度のタンパク質がホエイか大豆か?で体が劇的に変わるわけでは無いですから。

プロテインバーを食べるタイミング

プロテインバーはどんなタイミングで食べるのが良いのか?というところですが、基本的には間食で食べるのがおすすめです。
プロテインバーを食べるタイミング
  • 朝食と昼食の間
  • 昼食と夕食の間
この2つのタイミングでプロテインバーを食べて、タンパク質と糖質を補給して、筋肉作りやダイエット(減量)に活用すると良いですよ。

あとは、朝に時間がない時の朝食として食べるのも良いと思います。(本当は、ちゃんとした食べ物から摂取した方が良いですけど・・・)

 

あ、そうそう、ダイエット(減量)をしている場合は、間違っても就寝前に小腹が空いたからといってプロテインバーは食べないようにしましょう。

何故なら、就寝前にプロテインバーを食べることによって、体脂肪を増やしやすい糖質と脂質も一緒に摂取してしまうから。

プロテインバーを選ぶ基準

プロテインバーを選ぶ基準は、その人がどんな目的で食べるか?によって変わってきます。

簡単な例を挙げると、ダイエット(減量)をしている時と、増量をしている時です。

ダイエット(減量)をしている時

ダイエット中(減量中)でも甘いモノを食べたいので、その代用としてプロテインバーを食べたい場合は、

『タンパク質含有量が多く、糖質や脂質、カロリーが少ないプロテインバー』

を選ぶ必要があります。

 

ダイエット(減量)をしている時にプロテインバーを食べる目的は、甘いモノを食べて、精神的な満足を得ながらダイエット(減量)も促進させることだと思います。

という事は、ダイエットの促進を邪魔する糖質や脂質はなるべく排除して、タンパク質含有量が多いプロテインバーを食べた方が良い、という事になります。

 

これらの事から、ダイエット(減量)をしている時のプロテインバーを選ぶ基準は、味よりも成分を最優先していくのが良いでしょう。

なるべく味も美味しくて、成分が良いプロテインバー選ぶのがベストだと思います。

増量をしている時

体重を維持、あるいは、増量中で甘いモノを食べる代用としてプロテインバーを食べたい場合は、

『タンパク質含有量が多く、美味しいプロテインバー』

を選ぶのがベスト。

 

増量をしている時は、糖質や脂質、カロリーを気にする必要は無いので、美味しいと思うプロテインバーを食べていったら良いと思います。

美味しそうなプロテインバーを色々と試していくと良いでしょう。

私も、毎回美味しそうと思ったプロテインバーを購入していますが、結構楽しいですよ。

まとめ

プロテインバー自体は、今回紹介した商品の中であれば、どれも美味しい部類に入ると思うので、おすすめです。(あとは、その人の好みの問題ですが、DNSは、高いのでおすすめできません)

個人的におすすめなのは、

おすすめのプロテインバー
  • マッスルファーム・コンバットクランチ
  • BSN・シンサ6プロテインクリスプ
  • BNRG・パワークランチプロテインエネルギーバー
  • OOHSnap・プロテインバー
  • ThinkThin・プロテインバー
  • ピュアプロテイン・ピュアプロテインバー
  • Oh Yeah・プロテインバー(ONEバー)
この7つ。

コンバットクランチと、シンサ6のプロテインクリスプ、Oh YeahのONEバーは、成分も味も申し分ありません。(特にプロテインクリスプは、めっちゃ美味い)

 

BNRGのパワークランチとOOHSnapのプロテインバーは、成分はあまり良くありませんが、美味しくて食感が良いですし、何と言っても安価で購入出来るのでおすすめしました。(味だけの評価なら、2つともシンサ6のプロテインクリスプに匹敵すると思います)

ThinkThinと、ピュアプロテインも上記の5つと同じくらいおすすめです。(こっちの2つは成分が良いです)

 

上記で紹介した6種類のプロテインバー以外もコストパフォーマンスはそれほど悪くはないですし、まあまあ美味しい部類に入ると思うので、自分の好みに合わせて選んで頂ければ、と。

 

今回紹介してきたプロテインバーは、タンパク質を摂取するという目的を果たしつつも、

『甘くて美味しいお菓子を間食やおやつとして食べる』

という役割も果たす事ができるので、普段から甘いモノが好きな人や、ダイエット(減量)で甘いモノが食べたくなった時に上手く活用すると良いでしょう。

せっかく、甘くて美味しいお菓子を食べるだけでタンパク質が摂取出来る、という良い環境があるわけですから、この環境を活かして体作りやダイエット(減量)を頑張っていきましょう。

 

最後に一言・・・・・プロテインバーは食べ過ぎると、筋肉がつく効果ではなく、太る効果が発揮されるので気をつけましょう。

補足

今回プロテインバーを紹介したサイト、iherb(アイハーブ)は、プロテインバー以外にプロテインやBCAAなど色々なサプリやオーガニック食品などが比較的安価で販売されているので、色々見てみるのも良いかもしれません。

アイハーブのトップページはこちら

iherb(アイハーブ)の使い方や購入の仕方等が分からない場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

アイハーブをおすすめする理由!プロテインやサプリも紹介

 

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク