よく、プロテインダイエットという方法で痩せるという情報や記事がありますが、プロテインを飲めば痩せるというわけではありません。

そこを勘違いして、変な情報を鵜呑みにした挙句、太ってしまったという人も少なからずいるでしょう。

プロテインを飲むことで場合によっては太るのです。

 

じゃあ、プロテインを飲んだら痩せることが出来ないのか?というと、そういうわけではなく、ちゃんとダイエット(減量)の原理原則を分かった上で、プロテインを活用していけば痩せることも可能です。

今回は、そのあたりについて言及していきたいと思います。

ダイエット(減量)の原理原則



プロテインを飲めば痩せると思っている人は、ダイエット(減量)の原理原則を分かっていないかもしれません。

 

ダイエット(減量)の原理原則は、

『摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすること』

です。

これを守らない状態でプロテインを飲んでも痩せることは出来ません。

 

理想の体型や筋肉のついたメリハリのある体型になれるかどうか?は別にして、究極な話、おにぎりだけを食べ続けても、摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ、痩せられます。

 

逆に、プロテインを飲んでも消費カロリーよりも摂取カロリーが多ければ、痩せることは出来ません。

プロテインを活用しながら痩せたいのであれば、この原理原則をよく理解して、その事を体で体感しておく必要があります。

 

プロテイン飲んで太るパターン


 

摂取カロリーオーバー

先程の話で理解して頂けていると思いますが、プロテインを飲んで太るパターンは、例えば現在の食事内容や食事量で体重を維持しているにも関わらず、そこにプロテインを追加して飲むパターン。

これだと、消費カロリーを摂取カロリーが上回ってしまうので、体重が増えます。

 

プロテイン摂取による内蔵疲労

プロテインを含めたタンパク質を多く含む食品を摂りすぎると、内臓が疲労して代謝が下がる可能性があります。

 

タンパク質は、炭水化物よりも消化に時間がかかる為、内蔵に負担をかけやすい栄養素です。

ですので、人によっては普段の食生活にプロテインを加えることで、内蔵疲労を起こして代謝を下げ、結果的に体重が落ちにくくなることがあります。

 

人工甘味料摂取による内蔵疲労

プロテインに入っている人工甘味料は0kcalですが、内蔵に負担をかける可能性があります。

1日でプロテインを1〜2杯程度飲むくらいなら良いと思いますが、プロテインの多用は人によっては内蔵疲労による代謝減で、痩せにくくなる可能性もあるので注意が必要です。(特に、内臓が弱い人)

 

プロテインをダイエット(減量)に活用する方法



プロテインというのは、栄養補助食品という位置づけにありますが、まさにその通りです。

 

ダイエット(減量)をしていくにあたって、理想の体型、引き締まった体型になりたいのであれば、プロテインよりも大切なのが、

ダイエットで重要な要素

  • 食べるタイミング
  • 食品から摂る栄養素
  • 食事回数

これらの要素です。

 

1日の中で、自分の体の状態と相談しながら食べるタイミングを考え、食事回数を決めて、どんな栄養素をどのくらい摂っていくか?を決めます。

その中で、

「このタイミングでタンパク質が摂取したいけど、食品から摂取するのが難しい」

という場合にプロテインを飲みます。

 

例えば、ダイエット(減量)をしている時に、プロテインをのむタイミングでおすすめなのは、

プロテインを飲むタイミング

  • 筋トレ後
  • 間食

この2つですね。

 

筋トレ後は、筋トレによって血液が各筋肉に散らばっっている可能性を考慮して、消化吸収の早いホエイプロテインを飲むのがおすすめです。

間食は、タンパク質を含む食品が摂れるのであれば、そちらの方が良いでしょう。(ゆで卵やサラダチキンなど)

それが難しい場合は、プロテインやプロテインバーで代用するのは全然OKです。

 

もちろん、それらを食べるとしても、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなるように調整していくことが前提ですが・・・。

プロテインバーでおすすめの商品を10種類紹介します

 

ちなみに、私がダイエット(減量)をする時は、プロテインの摂取は体重(筋肉)を増やす時期よりも少なくなります。

何故なら、ダイエット(減量)をするにあたって、プロテインの優先順位は低いからです。

重要なのは、今まで話したように食べるタイミングや、食事回数や食品から摂取する栄養素です。

 

まとめ

今回は、プロテインを飲めば痩せるというのは嘘で、場合によっては太るという話をしてきました。

 

よくどこかのホームページやブログで、プロテインダイエットの方法について書いてある記事がありますが、プロテインを飲んだからと言って痩せやすくなるわけではありません。

その前に、ダイエット(減量)の原理原則やプロテインの特徴を知った上で、プロテインを活用していかなければ逆に太る可能性さえあります。

 

プロテインを飲んで痩せたいのであれば、

プロテインを飲む時に注意すること

  • 摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする
  • プロテインを含むタンパク質食品は内蔵疲労を起こしやすい
  • プロテインに入っている人工甘味料は内蔵疲労を起こす可能性がある

この3つを覚えておいたほうが良いでしょう。

 

プロテインを飲まなくても痩せることは可能ですが、余分な栄養素(脂質や糖質)が極力取り除かれたプロテインは、タンパク質だけを摂取したい時に便利なサプリメント。

上手に活用していけば、ダイエット(減量)をしていく時に役に立つことは間違いありません。

 

ダイエット(減量)をしている時にプロテインを飲んだら太った・・・なんてことにならないように、もしプロテインを飲むのなら、今回の話を頭に入れた上で上手に活用していきましょう。

海外でおすすめのプロテインはどれなのか?

 

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク